ココロ

毒ある心は、相手に必ず伝わっていると思う

こんにちは、あさこです。

 

タイトルの通りですが、どんなかたにも尊敬の意を持っているかどうかは、自然と伝わるものです。

 

個人的に思うのは、戦後の古い考え方の中で育った方々は、上から下に自身の判断軸から評価してダメ出しをする傾向があると感じています。相手の意の方向性を全く無視してダメ出しします。これは、時代の流れですので、そのような方法が身についてしまっている方々はそれがいいと思われていますので、仕方がないかとは思います。

 

ですが、これは、完全に個人をダメにする方法です。ダメ出しによって、努力や苦しみを必要とし、何倍もの辛い意識で立ち向かわなければならなくなるのです。また、個人の方向性を無視されますので、ベクトル(方向性や目標)が完全に違ってしまいます。

 

これでは発展性が制限されてしまいますので、私は特に戦後の高齢者のコンサルティングは受けないようにしようと思っています。

 

コンサルタントは一方的な判断と、それを解決する方法を一方的に指示命令するところではありますが、ベクトルが完全にあっていれば、問題なく発展できると思いますが、ベクトルがずれてしまっていると、主体性がなくなってしまい、目標が他人の目標に入れ替わってしまい、自己実現から遠のいてしまうのではないかと思います。

 

必要なことは、あいてが必要としている客観的な情報を参考として差し出すことで、ダメ出しせず、気づきから行動発展に繋げて行く傾向が効果的であると思っています。

 

あなたは、〜でダメですね。と評価することは、敬意を払っていない上から下への押さえつける言動であり、毒ある心は相手に伝わります。

 

どんな人にも得意不得意分野があり、尊敬に値します。年齢は関係ないです。

そこで、カウンセリングが必要です。相手のこうなりたいという目的に合わせた、情報提供や発展方法です。

 

ただ、コンサルタントのすべてを否定はしません。

すべては受け入れないけれども、部分的には受け入れ、共感はしないけれども、そうおっしゃいたい気持ちはわかりますと、そんなことです。

 

また、話は変わりますが、

集団のベクトルは合わせたほうが強いですので、リーダーはベクトルの向きを示すことが重要でありますね。

 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

JUGEMテーマ:マナー&モラル

JUGEMテーマ:人生論

JUGEMテーマ:ビジネス

ココロ

yogiのティーパックを開けるのがちょっと楽しい メッセージつき

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

JUGEMテーマ:食生活

JUGEMテーマ:デザート

 

こんにちは、ベビバ のあさこです。

 

iHerbで購入した YOGIのハーブティーを飲んでいます。

毎晩、香りを楽しみ、そのまま就寝します。

 

昨日、そのティーパックの写真をインスタにあげたら、

友人も飲んでいることが判明!しかも、毎回開けたときの文章を楽しんでいるのだと!

 

え?知らない!なにそれ?というわけで、

 

調べるために新しくパックを開けてみました。

 

これ(写真)でした。素敵なメッセージでした。心臓の鼓動はあなたの魂のリズム。よく考えてみれば、これ当たり前なんだけど、確かに〜と深く頷いてしまう系のメッセージですね💌

 

他にも、開けるたびに毎回違うメッセージを楽しめるのですね。ウキウキします。

Every beat of your heart is a rhythm of your soul.

ココロ

がん患者になって、心の感情、頭の感覚が劇的に変わった時のこと

JUGEMテーマ:がん全般

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

こんにちは、ベビバのあさこです。

私が、がん患者になって、心と頭の感覚が劇的に変わったことを、書きます。

 

それは、何かと申しますと

病気について左脳で判断できなくなる。

です。

 

左脳で判断するとは、つまり数字やエビデンスで病気を理解することを、ここでは意味してお伝えしています。

 

例えば、あなたの病気は、**%〜で、などと医師からニコニコと説明されても、拒絶反応で馬耳東風状態に陥ります。さらに、病気に関する信頼できる医療情報なども、恐怖のあまり全く読まなくなります。怖すぎて、遠ざけるようになります。脳の自然な現象、拒絶反応ではないかと思います。

 

さらに付け加えると、数字で何かを説明する医師などに対して、申し訳ないですが反感が生じてしまうのです。

なぜ、この私の状況の空気を読まずに、ニヤニヤしながらその説明を私に今するのですか?と。教科書広げて、暗記してきたの?メモしてきたの?と。きっと、そのニヤニヤは、楽しいことがあったんでしょうと、皮肉に考えてしまいす。申し訳ございません。

 

一方では、入院中や前向きな治療の現場などでは、ニコニコしているスタッフの方々に感謝します。緊張がほどけたわ、ありがとう!と思います。医師、看護師、受付の医療事務など医療スタッフの皆さん、ありがとうございます。

 

自身の仕事や学術的ななにかの場面においては、ロジックはファクト!となります。左脳を使います。

ですが、自分ががん患者になったとなると、それに対する客観的な判断が鈍ります。鈍るというよりも、遠ざけます。怖すぎて。感情が圧倒的に勝ります。

 

つまり、

論理的<感情

になるわけです。

 

診断を受けた当日でした。あまりのショックで、歩行者が多い通りにいるのに、邪魔なのに、人並みを遮るかのように、ぼーっとつっ立っている自分に気がつかない。しばらくして、ハッと我に帰る。

 

そんな状態な時に、ニヤニヤ顔で左脳で説明を受けるなんで、耐えられない。そんな感覚でした。

ごめんなさい。申し訳ございません。でも、事実です。

 

今では、その時の心境のこと、過去のこととして、笑い話で、はなせるようになりました。

 

 

 

 

 

ココロ

喜ぶこと・楽しむことが、心の元気につながる。雅子さまに会えて。

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

JUGEMテーマ:スピリチュアル

 

天皇陛下、美智子さま、皇太子や皇太子妃雅子さまなど、被災地訪問や表敬訪問をされることで、

国民を励まし、喜ばす、そんなことが皇族の方々のお仕事であるかと思うのですが、

 

たまたま、皇太子さまと雅子さまの乗った車両がこれから通過するというスポットに遭遇しまして、

このチャンスはいただきましょうと、まんまと待ちまして、動画を撮るなどしたわけです。まあ、皆さんキャーキャー黄色い声援を送っていたわけです。

アドレナリンが一気に出てるー♪、そんな感じですよね。お年寄りから若者まで老若男女。

 

そんな時は、大変な病気のことや仕事のことなど、すっかり忘れているわけです。大変なことはひと時忘れて、おお喜びなわけです。

 

大きな病気をしたからって、24時間悲しんでいられない。楽しみや何かは、できる限りしたほうがいいと思うのです。もちろん可能であればなのですが、心から喜ぶ時間が多いほど、病気の治癒を促したり、悪化を遅めたりする効果があるとおもうのですよね。老化も防止してしまいそう!

 

そんなわけで、日常から笑うことって、大事だな♪ 笑うと、全てがうまく行きそうじゃないですか。

 

さて、通過スポットで待ち時間中、警察の方からこんな説明がございました。


✅雅子さん車両が通る時間の目安
1、Aと呼ばれる 黒車両が、20分前に通ります
2、Bと呼ばれる黒車両が、5分前に通過します
3、赤と緑回転灯パトカーが、3分前に通過します
4、赤と青と赤回転灯のパトカーが、1分前に通過します
5、雅子さん通過後に、Cマークの青赤青の点灯パトカーが通過したら、解散してください


✅『おはなしルール』を守ってください
お)おさない
は)走らない
な)投げない
し)C車両が通過するまで解散しない


✅写真をとって大丈夫です

 

投げるって、花とか?でしょうか?
女性は興奮して黄色い声キャーっと出すと共に、手を振りながら喜びビームを全面にだす!男性は無言で観ている。そんな感じでした。

 

そして、おばさまたちのリアル会話は、こんなでした。


『雅子さんかー!美智子さんも観たいよね💝、皇太子みたってしょうがないじゃない。』

 

 

さて、雅子さん、テレビや雑誌のお姿とは違い、とてもナチュラルキュートな笑顔で、こちらに向かって小さく手を振っていらっしゃいました。素敵でしたよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ココロ

傷ついた言葉『大変ですよね』、から立ち直った方法

JUGEMテーマ:心、体、そして魂。

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんにちは、ベビバのあさこです♪

 

今日は、乳がんになって、ひどく傷ついた言葉を、一つあげてみたいと思います。

 

それは、

『大変ですよね。。』

です。

 

ウィッグを探している最中でした。

ただでさえ病気診断を受けて疲弊しているのに、なかなか自分に合う納得いくウィッグがなく、探し回るのにも疲弊しきっていたときに、確か5社目のウィッグサロン店舗の、ある女性担当者から言われた言葉でした。

大変ですよね。

?????

何に対して、大変ですよねと、おっしゃたの??もちろん、乳がんを患った私に対してですよね。

 

私はその時、心の余裕がなかったんですね、限界でした。きっと。

大変ですよねのその一言で、それまでに全く感じていなかったイライラが突然発生し、疲弊とイライラで、ストレスピークを迎えてしまいました。

 

いてもたってもいられなくなり、ひとまず、何かカロリーをとって、冷静に落ち着こう!と、近くの飲食店に入り、

とにかく食べました。

 

傷ついた状態から立ち直る方法として、なぜ?の根底を理解することです。

 

まず、なぜそのような傷つける言葉を彼女は発したのか、考えました。

 

 

おそらく、営業トークでそう言うように教育されているのではないか。顧客に共感している風に言いなさい、売り上げを出すために。

そんなことではないかと思いました。

 

しかし、共感どころか、まるで反撃のようでした。二度とあのウィッグ店舗にはいくまいと、思いました。ご担当者と息が合わないようでは、その後のウィッグケアで、お互いに長続きしませんし。

 

ただ、あの方が悪いのではなく、そう教育されていることが今回の原因だろうと、そう心の中で受け止めて、クールダウンして帰路につきました。

 

 

乳がんになりたての頃、心がこもっていないような、まるで突き放すような傷ついた言葉。

 

 

 

二つ目の立ち直る方法として、私がなぜ、傷ついたのかを冷静に考えました。

 

それは、図星だったからかなぁ、と思います。

大変なもの同士が、大変だよねとお互いに声をかけて理解し合うこと、その大変さを客観的に表面的に未経験者から言われることとは、全くニュアンスが違います。

 

第三者が、誰かに『大変ですよね』と声をかけると、慰めのようにも感じますが、タイミングを間違うと、心を切るつける凶器になりますよね。

 

例えばですが、ブスに、あなたブスですよね、と正面から真顔で慰めの言葉として使いますか?(笑)

ひどかったなぁ。傷ついて、我が心をイライラから解消するためにしんど過ぎた、忘れられない思い出です。

 

しかし、こうやって原因を理解すると、あーそうかと納得して、しょうがないよねと結論づくので、イライラから解放されます。

 

結局、ウィッグは、明るい担当者のお店で購入しました。

 

言われて傷つく言葉、それは、『大変ですよね』と『頑張って』。

これ以上、私の心に負荷をかけないでぇぇ、と感じます。

 

なので、この言葉を私自身も誰かへ言わないように心がけようと思っています。すでに頑張っている人が、この世の中多いので。