希望と啓発 "Advocacy" 私たちは強く幸せになる!

患者ファーストとは、セカンドオピニオンを積極的に勧めることだけではないと思う

こんにちは、あさこです。

 

私が、がんで最初にかかったクリニックでは、セカンドオピニオンどうぞ、とポスターが貼られていました。

 

もちろん、治療方針の判断や診断の判断では、セカンドオピニオンを利用いたしました。

 

そして、セカンドオピニオンを受けた結果をお伝えすること事態は、特に問題ありませんでした。

 

しかし、それ以外の待遇面では、他の病院に比べてシステム的で、個人的な諸事情による希望が通らず、患者がセーブしなければならないことが多ったので、

 

病院を選びたいとの意を診察の際にお伝えしました。

 

すると、『転院した先の医師では、もっと辛い抗がん剤を選択されてしまうかもしれないですよ』と言われました。

 

これは、完全な脅しでした。

 

別れたいと言ったら、『次の彼氏は僕より最悪であなたが辛いかもよ、それでもいいの?』

 

とでもおっしゃってる感じでしょうか。。。。

 

さらに、セカンドオピニオンでは、診断などの意見をもらうだけであって、セカンドオピニオン先へ転院することは、許容されていません。もちろん、セカンドオピニオンとは、文字通りそうでしょう。

 

しかしながら、これは、患者が病院を選ぶ権利に反することです。

 

セカンドオピニオンを受けることは、病院を比べることにもなりますし、転院を考える機会ともなり得ます。

 

病院を選ぶことと、セカンドオピニオンは切り離して考えてみてください。セカンドオピニオンを受けた先に転院するかどうかは別としてもです。

 

フリーアクセス、病院を選ぶ権利は日本の医療制度の特徴でもあります。

 

しかしながら、患者の権利を明記している病院でも、現実的には、このような待遇をされてしまいます。

 

保険診療制度上の医療ですから、一定の制限はあります。それは理解しております。

ワガママ患者というわけではないと思っています。

 

患者は、できれば安心して、信頼できる医師に継続的にかかりたいものです。ですが、不安があるなら、転院を考えるのは当然ではないかと思います。

 

 

私は、医療マネジメントという学術のマスターを持っておりますし、大学への提出物の内では、患者ファーストという文字を掲げることもありました。しかし、がん患者になってみると、医療の世界とは、患者ファーストとは程遠いのでしょうかと思うことが度々ありました。

 

長期的にお世話になる患者にとっては、手術件数が多い病院が、素晴らしいことでもなんでもない、難しい側面ですねと思った次第です。

 

そして、個人的な事情を組み込んでいただける病院へ、転院いたしました。

もちろん、治療にあたってくださったスタッフの皆様には、お世話になりました。感謝しております。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:マナー&モラル

JUGEMテーマ:人生論

JUGEMテーマ:がん全般

希望と啓発 "Advocacy" 私たちは強く幸せになる!

大きな病の診察の時、患者は医師にどう話せばうまく伝わるのか?患者力向上|How To 医師との会話(ある1医師からのご意見)

私ががんにかかって、最初の診断や治療を受ける時やその後も、何名かの医師や多くの看護師さんにお世話になりました。

その中で、正直言うと、些細だけれども脅しのような言葉を、医師や看護師から受け、少しずつ信頼ができなくなっていったこともありました。

結論から言えば、この動画の中で、Dr. Noriko Sato さんがおっしゃってくださったように、相互の歩み寄りが必要な訳なのです。

おおくの患者は、がんというだけでも精一杯の努力をしておりますし、お医者さま方も、どうかご理解いただきたいです。

皮肉だけれども、医療によってうつ病発症に拍車をかけてしまうこともありそうです。

一つだけ例をあげますと、

人の命の話を数字でしかも本人に向かって説明されるときに、笑顔で。

愕然でした。私がセカンドオピニオンで説明を受けたときのことでした。

きっと、何か楽しいことがプライベートか何かであったのだろうなと思いました。


ドクターの意識は目の前の患者ではなかったと、そんな印象を、受けてしまいました。

このようなシビアな説明の時には、深刻な表情でもなく、ニコニコ笑顔でもなく、普通のノーマルな穏やかな表情や声のトーンで接していただけると、患者は平常を保ちやすくなるので助かります。


命にも影響するかもしれない大きな病ですと、患者は、通常に心を保つ力がかなり弱っています。とても敏感になっています。私の経験です。


さて、
こんな状況ともなりえる医療にお世話になる中、

大きな病の診察の時、患者は医師に何をどう話せばいいでしょう?

この先どうなるの。治療だけじゃなくて、生活や仕事もある。人生がある。

治療と生活と人生。我慢しなくてもいい、しかも治る選択肢があるなら、そうしたいです。

そんな選択肢が欲しいと、人間なら誰もが思うのではないでしょうか。

ところが、患者と医師あるいは看護師との間の意思の疎通がどうも噛み合わない、一方的だと感じることがあります。

患者サイドでできることとしましては、症状や、問題点の伝え方を工夫して、その深刻度を知ってもらうことです。

伝わらなければ、いつまでも平行線です。悩みが解決されにくくなってしまいます。

患者は、外見では、笑顔や平常を保っているかのようですが、内心ではとても深刻な状況です。

人は弱いときほど元気に振る舞うものです。

すると、元気だね
心配ないね、問題ないね、などと勘違いされてしまいそうです。

患者力を高めて、うまく医療者と向き合い、患者の希望をうまく伝え、また受けとめてほしいものです。

患者の体はその人の体であって、医療者の方々の体ではないですからね。

そんな気持ちなのです。

患者代表ナビゲーターとして、今回は友人の医師に話をきいてみましたよ♪

ゴーウィ株式会社 岸あさこ
患者力向上|How To 医師との会話

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:健康のためにやっていること

JUGEMテーマ:がん全般

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

希望と啓発 "Advocacy" 私たちは強く幸せになる!

がん患者は医療スタッフの言葉一つ一つを真に受けて疲弊しないようにしよう

がん患者にとって、医療はなくてはならないもの。
医療を提供してくださる皆様には、大変感謝しております。

 

ですが、がん患者になって知った、医療提供者からの残酷な言葉の数々もありました。

医療提供者や健常者の方々が聞いたら、特になんともない普通な言葉。

 

ところが、がん患者になった途端に、弱った心にグサグサ言葉が刺さって流血して、びっくりしました。

がん患者は、風邪引いたとは訳が違います。

 

医療マネジメント修士者兼持ち医療従事者でありながら、がん患者を経験した私としては、医療提供者側の立場も、患者側の気持ちも良くわかり、両者の溝の原因が、なんだそういうことかと、客観的に理解しました。

 

だからこそ、弱い患者の立場を尊重し、がん患者の皆様が少しでも疲れないために、そして医療提供者の皆様にも患者が疲弊していることをご理解していただきたいので、動画を取りました。

 

 

医療提供者が悪い?とも思いません。

 

日本の診療報酬制度の下、それぞれの業務やルーチンのシステム連携を達成することが背景にあるため、患者個人への配慮ができない局面があるのは事実です。

 

この動画の主旨は、がん患者が楽に過ごしましょう、賢くなってココロ傷つき疲弊しないようにしましょうということであって、治療方針に納得できないなどの理由がありましたら、医療提供者から発せられる厳しい言葉とはまた別問題ですので気をつけてくださいね。

 

公式 https://bevyband.net/
ゴーウィ株式会社 代表 岸

 

 

JUGEMテーマ:がん全般

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

希望と啓発 "Advocacy" 私たちは強く幸せになる!

抗がん剤治療の結果、目立ってしまった顔の大量のシミを3つの方法で克服♪という動画を作りました

JUGEMテーマ:コスメ

JUGEMテーマ:自宅で美容サロン

JUGEMテーマ:化粧品

 

こんにちは あさこです。

 

今日は、動画を作りましたよ。

タイトルは、ご覧お通りです。

 

シミって、女性にとっては、テンション下がる要因ですよね。

治療は終わったものの、このままではまずいということで、始めた自宅でシミケアをご紹介しています。

 

こちらです

 

 

 

ではでは、皆さん、楽しい1日をお過ごしください!

 

 

希望と啓発 "Advocacy" 私たちは強く幸せになる!

がんにかかっても、未来を変えて幸せになろう

JUGEMテーマ:女性の病気

JUGEMテーマ:人生論

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

こんにちは、ベビバのあさこです。

 

時々思いませんか?

どうして、がんにかかったのだろう。

 

医師に尋ねても答えはありません。遺伝ではない、じゃあ何?

環境、食事、万年ストレス、などなど複雑な因子の結果。

 

考えても仕方がないです。答えがないのですから。なので、

 

できることは、過去ではなく、この先の未来を変えること!

 

健康的で、ストレス耐性があり、楽しく、心が幸せに過ごせたら、嬉しいなぁと思います。

だから、悩まず前向きに明日を変えていこうと思います。

 

食事、睡眠、運動、などの基礎的な健康因子をまずは整えて、さらに人と好適な関わりを持つことがでれば、かなり幸せレベルが上がるのではないでしょうか。

 

あなたに未来があるなら、もちろんお酒やタバコをやめて健康になって、その分をファッションや旅行、コンサートなどのエンターテイメントや豪華な食事などを楽しむことができたら、とっても最高ではないですか?

 

それからそれから、親友が必要ですねぇ。人生の重要テーマですよね。

忙しさでいつの間にか失っていった親友達。今また再び、人生後半の親友を作ろうと思います。つくづくそう思います。

 

たとえ、慢性の病気を持ったとしても、心と体をどちらも整えることが、幸せになるための基本です。

 

 

 

希望と啓発 "Advocacy" 私たちは強く幸せになる!

乳ガン患者でも堂々と温泉に入ろうよ。啓発です

JUGEMテーマ:マナー&モラル

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

寒くなった時期、温泉に入りたいですよね。

 

しかし、温泉を諦めてしまう乳ガン患者さまが、非常に多いのが事実ですよね。

 

でもちょっと待ってください。

視線が気になるのはわかりますが、悪いことをしているわけではないです。

 

洗い場や踊り場やなどでは、タオルをかけて、少々隠すぐらいで、湯船に入ったら、堂々とする!をお勧めしたい。

 

気にしすぎなのはこちら側なだけで、そんなに見ている人はいないし、仮に見られても、見知らぬ人ですし、どうにかなるわけではありません。私が乳がんになる前、ずっと過去に一度だけ、全摘で未再建の方が、脱衣所で堂々と隠しもしない女性を見たことがありますが、私はその時、乳ガンで手術したんですねと思っただけ。それ以上の、負や陽の感情は何も持たなかったです。

 

乳がん専用の入浴衣がありますが、着るような形で隠すことで、逆にとっても目立ってしまうわとの意見が圧倒的です。それなら、むしろ堂々と入ってしまおう!というわけです。

 

抗がん剤治療による、おハゲでも同じです。堂々と入りたいです。

 

というわけで、私が管理している、ある乳ガングループのメンバーでは、全摘でも、いびつな温存でも、ハゲでも、堂々と入ろう!という意見が多く、みなさん、強くたくましいのです!素晴らしいです!!

 

堂々と気にせず入れば、温泉リラックス効果は二倍ですね!

 

さて、温泉は体にいいのか?気になりますが、こちらのサイトがわかりやすいです。

http://www.akakura.gr.jp/iyashi/n005-onsennokounou.htm

 

 

秋田の玉川温泉は病気が治っちゃうとのご利益ありありなスポットで有名らしいですよ!

 

行ってみたいですー♪

 

Bevyband

 

 

治療中の方は、医師の温泉入浴許可が降りてから、ご入浴くださいませ。

 

公式サイト https://bevyband.net