こんにちは、あさこです。

 

私が、がんで最初にかかったクリニックでは、セカンドオピニオンどうぞ、とポスターが貼られていました。

 

もちろん、治療方針の判断や診断の判断では、セカンドオピニオンを利用いたしました。

 

そして、セカンドオピニオンを受けた結果をお伝えすること事態は、特に問題ありませんでした。

 

しかし、それ以外の待遇面では、他の病院に比べてシステム的で、個人的な諸事情による希望が通らず、患者がセーブしなければならないことが多ったので、

 

病院を選びたいとの意を診察の際にお伝えしました。

 

すると、『転院した先の医師では、もっと辛い抗がん剤を選択されてしまうかもしれないですよ』と言われました。

 

これは、完全な脅しでした。

 

別れたいと言ったら、『次の彼氏は僕より最悪であなたが辛いかもよ、それでもいいの?』

 

とでもおっしゃってる感じでしょうか。。。。

 

さらに、セカンドオピニオンでは、診断などの意見をもらうだけであって、セカンドオピニオン先へ転院することは、許容されていません。もちろん、セカンドオピニオンとは、文字通りそうでしょう。

 

しかしながら、これは、患者が病院を選ぶ権利に反することです。

 

セカンドオピニオンを受けることは、病院を比べることにもなりますし、転院を考える機会ともなり得ます。

 

病院を選ぶことと、セカンドオピニオンは切り離して考えてみてください。セカンドオピニオンを受けた先に転院するかどうかは別としてもです。

 

フリーアクセス、病院を選ぶ権利は日本の医療制度の特徴でもあります。

 

しかしながら、患者の権利を明記している病院でも、現実的には、このような待遇をされてしまいます。

 

保険診療制度上の医療ですから、一定の制限はあります。それは理解しております。

ワガママ患者というわけではないと思っています。

 

患者は、できれば安心して、信頼できる医師に継続的にかかりたいものです。ですが、不安があるなら、転院を考えるのは当然ではないかと思います。

 

 

私は、医療マネジメントという学術のマスターを持っておりますし、大学への提出物の内では、患者ファーストという文字を掲げることもありました。しかし、がん患者になってみると、医療の世界とは、患者ファーストとは程遠いのでしょうかと思うことが度々ありました。

 

長期的にお世話になる患者にとっては、手術件数が多い病院が、素晴らしいことでもなんでもない、難しい側面ですねと思った次第です。

 

そして、個人的な事情を組み込んでいただける病院へ、転院いたしました。

もちろん、治療にあたってくださったスタッフの皆様には、お世話になりました。感謝しております。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:マナー&モラル

JUGEMテーマ:人生論

JUGEMテーマ:がん全般