弊社のサービス♪

目指すのは、ズバリ、Happiness Health です。

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:人生論

 

ベビバのあさこです。こんにちは!

病気になっても、幸せになりたいと、誰もが願うのではないでしょうか?

 

治療があっても、検査があっても、毎日が不安、怖い、孤独。そんなマイナスな心境から抜け出しましょう。

 

願うだけではなく、本当に幸せになりましょう!

患者力、幸せ力をつけていけて、どんどん幸せになりましょう!

 

みなさまが、幸せを感じられる、そうなりますように、病気になってありがちな問題点を抽出し、改善できるように、真面目にサービスを提供していきますよ😊

 

 

 

公式HP https://bevyband.net

 

 

 

 

 

 

 

 

乳がん

抗がん剤脱毛後にやめたほうが良さそうなコスメ

JUGEMテーマ:コスメ

JUGEMテーマ:自宅で美容サロン

JUGEMテーマ:化粧品

 

こんにちは、ベビバのあさこです。

抗がん剤による脱毛にもいろいろありますが、脱毛を捕捉するグッズとして、二つ、やめたほうが良さそうなコスメをあげます。

 

  • まつ毛の脱毛に対して、塗って発毛を促すタイプのまつ毛育毛コスメには、少し注意したほうがいいかもしれません。

まつ毛がない場合は、まつ毛が生えてくる場所、目の淵に塗るわけですですから、目の中にその液が入ってきてしまうことが度々ありました。そのため、危険を感じてある日からやめました。

 

治療中は、菌やウイルスへの抵抗が弱っています。炎症がおこりやいかもしれません。

誤って液が入ってしまい、角膜炎などがおきたら、複合災害となり馬鹿らしいです。

 

  • もう一つ、付けまつ毛という便利がグッズがありますが、疑問です。

まつ毛がある時には装着できますが、まつ毛がない時には、ウルトラ難しいです。

 

自まつ毛となじませることができないので、つまり支える部分がないので外れやすく、ズレやすく、ストレスフルでした。もともと付けまつ毛に慣れている方でも、脱毛でまつ毛がない時の装着には相当難しいようです。外出中に片目だけまつ毛が外れた!なんてこともありました。

 

というわけで、私は、現在まつ毛がほぼないですが、つけマはやめて、アイラインだけでアクセントをつけています。

 

まつ毛がある程度生えてきましたら、つけマを再チャレンジしてみるかもしれないです!

 

 

 

公式サイト https://bevyband.net

乳がん

放射線治療で、大胸筋が次第に拘縮してしまった気がします

JUGEMテーマ:女性の病気

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:ヨガ・ストレッチ

 

こんにちは、ベビバのあさこです。

 

痛いんですよね。放射線治療を受けてから、次第に受けた側の大胸筋、肩関節側を広げると

とても、痛い。開きますが、突っ張るように痛いです。

 

放射線照射によって、繊維化して硬くなってしまったのではないかと感じます。

 

拘縮してしまってからのリハビリには時間がかかりそうですね。

ですが、このままでは、自分が納得できないです。

 

入浴などで温めた時に、開くように心がけようと思います。

このまま痛いようでは、生活にも支障が出てしまうかもしれませんので、毎日、入浴中に無理なくやろうと思います。

 

よし!

 

 

 

 

希望と啓発 "Advocacy" 私たちは強く幸せになる!

乳ガン患者でも堂々と温泉に入ろうよ。啓発です

JUGEMテーマ:マナー&モラル

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

 

寒くなった時期、温泉に入りたいですよね。

 

しかし、温泉を諦めてしまう乳ガン患者さまが、非常に多いのが事実ですよね。

 

でもちょっと待ってください。

視線が気になるのはわかりますが、悪いことをしているわけではないです。

 

洗い場や踊り場やなどでは、タオルをかけて、少々隠すぐらいで、湯船に入ったら、堂々とする!をお勧めしたい。

 

気にしすぎなのはこちら側なだけで、そんなに見ている人はいないし、仮に見られても、見知らぬ人ですし、どうにかなるわけではありません。私が乳がんになる前、ずっと過去に一度だけ、全摘で未再建の方が、脱衣所で堂々と隠しもしない女性を見たことがありますが、私はその時、乳ガンで手術したんですねと思っただけ。それ以上の、負や陽の感情は何も持たなかったです。

 

乳がん専用の入浴衣がありますが、着るような形で隠すことで、逆にとっても目立ってしまうわとの意見が圧倒的です。それなら、むしろ堂々と入ってしまおう!というわけです。

 

抗がん剤治療による、おハゲでも同じです。堂々と入りたいです。

 

というわけで、私が管理している、ある乳ガングループのメンバーでは、全摘でも、いびつな温存でも、ハゲでも、堂々と入ろう!という意見が多く、みなさん、強くたくましいのです!素晴らしいです!!

 

堂々と気にせず入れば、温泉リラックス効果は二倍ですね!

 

さて、温泉は体にいいのか?気になりますが、こちらのサイトがわかりやすいです。

http://www.akakura.gr.jp/iyashi/n005-onsennokounou.htm

 

 

秋田の玉川温泉は病気が治っちゃうとのご利益ありありなスポットで有名らしいですよ!

 

行ってみたいですー♪

 

Bevyband

 

 

治療中の方は、医師の温泉入浴許可が降りてから、ご入浴くださいませ。

 

公式サイト https://bevyband.net

乳がん

キャンサーギフトって何ですか?考えてみました。

JUGEMテーマ:女性の病気

JUGEMテーマ:癒し・ヒーリング

JUGEMテーマ:人生論

 

ベビバのあさこです。

 

キャンサーギフトって何?

という疑問。

 

当初は、キャンサーが辛すぎるから、キャンサーはギフトなんだと、無理くり考え方をポジティブにひっくり返すために、ややこじ付けの言葉のように感じていました。

 

ですが、最近では、少しこの言葉の受け止め方が変わりました。

 

私の”キャンサーギフト” を考えたときに、以下の点が浮かび上がります。

  • 弱ったため、キャパが狭い無理しない生き方に変えた。私にとっての優先上位がわかるようになった。つまり、本来の大切にしたいことが際立ってわかってきた。
  • 自分の強み、したいことがなんなのかが、現実的に浮かび上がった。
  • 同時に弱みもわかり、弱みは弱みとして受け止めるようになり、気持ちが楽になった。
  • やっぱり、人が大事だけれども、疲れない人やポジティブになれる人がより重要であることが鮮明になった。
  • 力を抜いて、楽に過ごしたいととても思う。実際に力を抜くので、アホでもいいやと思うようになり、人前でナチュラルな自分になれた。
  • 弱さを経験したので、実際に弱い人の心をサポートできるようになった。
  • 本当に必要なのは、心寄り添える人なんだとその必要性がわかった。年寄り臭いけど、これが高次な人間の欲求ではないかと感じた。
  • ずっと健康でいたい。でも健康とは医療だけで賄えるものではないことがよくわかった。その結果、栄養を考えた自炊が中心になった’。無理した生活で頭が冴えず、具合が悪くなるよりもしっかり睡眠をとることの方が重要だと思うようになり、そのためにはどのような仕事の方法であったり、どのような生き方か、具体的なイメージに落とせるようになった。無理して何かするのではなく、生き方の中心がまず健康維持になった。
果たしてギフトなのかな?これは、、、疑問は残りますが、ありがたい気づきギフトです。
キャンサーにならなかったら、忙しく毎日のタスクをこなすだけで、深く考えている暇もなく、生きる目的を失った可能性があります。
ただ、キャンサーギフトを考える時期は、おそらくある程度の治療が済んで、体の苦痛がない状態で、ゆっくりと過去を振り返理、次にどうしようかと、ネクストステップを見るようになった良い状態のときだと思います。
上記以外に、乳ガン患者の友人が新たにできたことは、分かり合える仲間ができた、ありがたいギフトです。
世の中、分かり合える人というのは、そうそういませんので、嬉しいことです。
しかし、できれば、病気にならなくても、分かり合える友人や仲間がいたら幸せだと思いますが、現実というのは簡単ではないですね。